あなたは何で選んでますか?料金で選ぶ広島県脱毛ランキング
最新のランキング結果はこちら

脱毛当日どのような服装がいい?

脱毛当日どのような服装がいい?

脱毛当日、普段よりオシャレをしてエステサロンに行こうと思っている女性もいるかもしれませんが、服装によってはお肌トラブルが起こる可能性がありますので注意が必要です。
脱毛後はいつも以上にお肌が敏感になっており、デリケートな状態なので、施術後にはクールダウンや保湿などのアフターケアを行います。しかし、アフターケアをしっかりしても、刺激を受けやすい状態の為、服装が原因でお肌トラブルが起こることもあります。
まず、洋服によっては歩いている時に摩擦が起こり、かゆみなどが生じる場合もあります。
特に、洋服との摩擦が生じやすい腕や脚の脱毛をする場合、洋服の選び方が重要です。
できるだけ脱毛部位に刺激を与えないように、まずは洋服の素材にこだわることが重要です。
お肌に刺激を与えにくい素材は、綿やシルク、特にオーガニックコットンはおすすめです。
反対に刺激を与えやすい素材は、レーヨンやナイロン、ポリエステルなどの化学繊維です。
脱毛当日は洋服の素材を確認して、シルクや綿の洋服を選ぶようにしましょう。
しかし、いくら刺激を与えにくい素材でもお肌にピッタリとフィットする洋服は、お肌トラブルが起こる可能性があります。
ですから、脱毛当日は脱毛部位が触れない程度に、適度に余裕のあるデザインを選びましょう。
脚やVライン、Iラインを脱毛する場合、下着のゴムがきついものやジーンズスタイルは避けてください。デリケートの箇所は、伸縮が少ないジーンズ素材の場合、お肌が擦れてしまいます。摩擦が生じやすいストッキングやタイツも避けたほうが良いです。背中や胸を脱毛する場合、ランジェリーに関しても、脱毛当日はデザインより摩擦が起きにくいブラ付きのトップを選ぶことをおすすめします。
次に、紫外線対策が必要です。
脱毛後のデリケートなお肌の状態で紫外線を浴びると、お肌トラブルが生じやすくなります。
なので、脱毛箇所を露出する洋服はできるだけ避けたほうが良いです。
例えば、腕を脱毛する場合は夏場でも長袖を着たり、アームカバーやカーディガンで隠すと良いです。脚の場合は、ロングスカートやゆるめの長ズボンを選び、紫外線が強い時期に素足を出さないよう気をつけると良いです。
お顔の場合は、つばが広い帽子やマスクなどをして、紫外線が直接当たるのを防ぎましょう。
このように、脱毛サロンに通う時の服装は、デザインよりもお肌トラブルを防ぐことを目的に選ぶことが大切です。
それでもどんな洋服を選べば良いのか分からなければ、脱毛サロンのスタッフに相談するのが一番です。