あなたは何で選んでますか?料金で選ぶ広島県脱毛ランキング
最新のランキング結果はこちら

中学生は脱毛しないほうがいい

中学生は脱毛しないほうがいい

脱毛は一昔前は、大人だけがするものと思っていましたが、今の時代は高校生や中学生までもが脱毛をする時代になってきています。
最近の子供は、成長が早いのでムダ毛も大人並みに生えてきている中学生も多いです。少女から大人の女性に変わっていく思春期であり、成長段階で身体に変化がでてきます。身体が大きく変化すると、毛の悩みに関しては思春期とともに毛量が多くなり、濃くなってきます。生まれつきの体毛の濃さに悩む子もいれば、思春期とともに体毛について悩むこもいるようです。子供の脱毛は、大人の脱毛とは大きく違う点でありメリット・デメリットがあります。

〈メリット〉
毛に関する悩みが解決できることが最も重要です。女の子は、身体のことを指摘されるとすごく傷つきます。ムダ毛の悩みを少しでも軽減できますしまた、衛生面では臭いやお肌トラブルも予防できます。思春期において容姿の悩みというのは大きいもので、いじめの原因にすらなるものです。子供の毛深さ具合で自己処理できずプロの脱毛サロンの力を借りることもあるんだという子供の学習にもなると思います。

〈デメリット〉
子供の脱毛に関してはデメリットがたくさんあります。正しい自己処理をしないと、肌荒れやお肌トラブルを引き起こしてしまいます。カミソリで処理すると、また伸びてくるときチクチクしてひどいと埋没毛になってしまったり、毛抜きは鳥肌のようにブツブツになってしまったりとお肌への負担は大きくなります。
脱毛するにあたって年齢的な制限の主な理由は、ホルモンバランスにあります。初潮をむかえ、身体つきがふっくらとしはじめる性徴期を経て安定する年齢が18歳という目安があります。ホルモンバランスが安定すると、毛周期も安定するので脱毛の効果も安定しますが、低年齢の子供の場合はホルモンバランスが安定していないので脱毛の効果は持続はまれに出にくい可能性があります。

調べてみると現代の親御さんたちは、子供が脱毛することについて様々な意見をもっています。ただ、中学生の段階では脱毛サロンで脱毛をする必要はまだない・保留にするとの意見があがっています。やはり、まだ脱毛をするには早いかなと思う気持ちが大きいからでしょうね。自分ももし、自分の子供が脱毛をしたい!といってきたら・・・
自分で稼いでからにしなさい!といいます(きっぱり)
中には、母親自身が中学生の頃、毛で悩んでいて子供には悩んでほしくないという気持ちから10代でも脱毛サロンに通わせる方もいらっしゃいます。
親という立場から考えると生えたまま放置するのが一番いいと思いますが、そのまま放っておいたら自己処理でお肌を傷つけながら成長していきます。母親が関わり子供が最も負担のかからない方法でムダ毛処理をしてあげるのがいちばん良いのではないかと思います。きちんと正しい自己処理方法と肌ケアの知識を親がきちんと認識して子供たちに教えてあげるべきではないのでしょうか。