あなたは何で選んでますか?料金で選ぶ広島県脱毛ランキング
最新のランキング結果はこちら

ワックス脱毛の注意点

ワックス脱毛の注意点

ワックス脱毛とは、抜毛タイプの脱毛法である。
欧米では、エチケットラインの自己処理方法としてブラジリアン脱毛が広く普及しているが、最近は日本でも多くの美容サロンで施術を受けることができ、人気となっている。人気の理由としては、処理方法が単純で自分でも出来てしまうといった手軽さが挙げられる。
しかし、自宅での自己処理にはいくつか注意点もあるため、ワックス脱毛に関する正しい知識を身につけ、間違った方法で肌を傷つけないようにしなければならない。
脱毛に使用するワックス剤にはハードタイプとソフトタイプがあり、市販されているものはたいていソフトタイプである。
ソフトワックスを使った処理は、①脱毛箇所にワックスを塗布する。
②専用のペーパーを貼り付ける。
③時間を置き、毛の生えている向きと逆方向に引き剥がす。
といった手順で行う。
ハードワックスと比べて扱いやすい反面、脱毛威力が弱くなるので、うまく処理する為にはある程度のコツが必要になる。
ワックス脱毛は他の脱毛法とは違い、施術後すぐにムダ毛のない美しい肌が手に入る。
またワックスを引き剥がす際に、ムダ毛とともに古い角質が取れ、肌が滑らかに仕上がる。
この即効性がワックス脱毛の最大のメリットといえる。
逆にデメリットとしては、主に処理時に肌が受けるダメージが挙げられる。
第一に肌表面が受けるダメージであるが、ムダ毛を引き剥がす際に少なからず表皮は剥がれて傷ついている。
表皮が傷つくと、肌が本来持っているバリア機能が低下する為、少しの刺激でも赤みや痒みなどの肌トラブルを引き起こしてしまう。
第二に毛穴が受けるダメージであるが、抜毛によって傷ついた毛は、次に毛が生えるより先に皮膚が再生して毛穴の入口を塞いでしまう。
ここに次の毛が生えてくると埋没毛となる。
埋没毛はブツブツと毛穴をもり上げてしまい、肌の見た目を悪くし、炎症を起こすと毛嚢炎となる。
この毛嚢炎が、抜毛による脱毛の最大のデメリットといえる。
脱毛には「自己処理(剃る・抜く・家庭用脱毛器)・ワックス脱毛・針脱毛・レーザー脱毛・光脱毛」など様々な種類があるが、自己処理やワックス脱毛は特に毛嚢炎を引き起こしやすい。
また、ワックス脱毛は一度にたくさんの毛を一気に引き抜くので、一瞬だが激痛が走る。
料金は一回あたりが数千円と安価であるが、持続性が無いため2~3週間でまたムダ毛が生えてきてしまう。
その際、以前より太く濃い毛が生えてきてしまうリスクを考えると、光脱毛で脱毛をしたほうが長い目で見ると料金的にもお得ともいえる。